お知らせ

2019年最終のコアセミナーIOSが開催されました。

2019年も12月に入り、残りひと月を残すのみ
吹く風も冷たくなり、季節は秋から冬へと切り替わりつつあります。
12月1日(日)前回に引き続いて、コアセミナーIOS第二回目を開催しました。
 

今回もセミナーは二段構成、スタートは弊社CAD/CAM課 センター長 田中文博。
講演は技工パートになり、様々な口腔内データが集まるラボならではの見解、取り組みなど、写真を交えて講演させていただきました。
 
 
 
 約一時間の講演を終えて質疑に入り、多くの先生からの質問をいただきました。
今回参加いただいた先生の意識は高く、臨床での活用方法や、技工士から見つめた臨床精度など質問内容は多岐にわたりました。
IOS分野は新しい歯科治療。当然ガイドラインなど未整備な部分が多く、まだ手探り状態な部分が多く、弊社でも情報収集を続けております。
 

小休憩を挟んで二部パート、講演はデンツプライシロナ㈱
テクノロジー事業部 横浜支店 セレック営業課 セレック営業リーダー 鈴木真弥にしていただきます。
実機(Primescan/プライムスキャン)を展示しながらの口腔内スキャナーをメーカーサイドからの説明、解説をしていただきました。



 講演後は質疑応答時間となり、多くの先生から機器についての質問があり、医院に導入する際の費用、データ通信など導入に向けての具体的な内容が続きました。

 

質疑応答後、参加した先生方は、実機(Primescan/プライムスキャン)に触れ、模型を使っての計測体験をしていただきました。計測速度の速さにどの先生も驚かれていました。
口腔内スキャナーは全国の医院導入数から推測し、2019年に入って約十件一台に入りました。今後も流れは加速していくことが予測されます。
弊社はコアセミナーを通じて、より多くのお客様に情報提供を続けていきたいと思います。
次回コアセミナーは2020年3月1日(日)
『ハンズオン 咬合床製作体験セミナー』が開催予定となります。
パンフレットや開催詳細など詳細について決まりましたら、ご報告させていただきます。
今後もコアセミナーをどうぞよろしくお願い申し上げます。

pagetop