お知らせ

上海国際デンタルショー視察

2014年10月22日~25日
中国上海にて
「上海国際デンタルショー」が開催

今回、日本歯科技工所協会の方々と
視察にご一緒させていただきました。

上海国際デンタルショーは
アジア最大級のデンタルショーでもあり
中国国内においても、北京、広州と並ぶ
3大デンタルショーと称されています。

 

デンタルショーの会場は、1階に主に大手企業、2階は中国や韓国、台湾などの
比較的小さな企業や、材料ディーラーなどの展示、販売が主であった。
日本のデンタルショーとの違いは各国の業者の方が
この場所でビジネスとしての取引が盛んにおこなわれる点である。

 ジーシーブースにて、日本でお世話になっている鹿島様(左)と弊社 代表 陸
 NSKナカニシなど日本を代表する多くの企業もブース展示を行っていました。

歯科技工のビジネスをどのラボも、グローバルな視点でとらえ活動されているのが
日本のラボとの大きな違いではないだろうか。
中には何か国語もしゃべれるスタッフがおり、グローバルに海外に対応している。
日本の技工業界もこれから10年先の状況を考えると、もう少し海外にも目を向け、
中国を始め他の国々での技工業界の状況を、もっと知る必要があるのではないだろうか。
今回の中国上海訪問は、
私自身現状をもう一度考える良い機会を与えていただいたと感謝しています。

今回の視察詳細は
歯科医療経済に掲載させていただく予定でございます。

 

pagetop