月刊「歯科技工」別冊 『超高齢社会を見据えた パーシャルデンチャーの製作』に記事を掲載

月刊「歯科技工」別冊『超高齢社会を見据えたパーシャルデンチャーの製作 』
---予知性を考慮したリジッドサポートの技工術式---

Part3 デンチャーワークの将来展望とラボサイドの役割
 1 切削加工機,3Dプリンターを活用したデンチャーワークの可能性
(デンチャー課係長 吉岡雅史・デンチャー課課長 滝沢琢也・代表取締役 陸誠)
上記項目に弊社社員が記事掲載を致しました。
img20160625_09092172
 
(上記画像をクリック、または、下記リンクをクリックで医歯薬出版株式会社の対象ページに移動します)

金属床やクラスプ等のデンチャー歯科技工に、CAD/CAM加工の技術を導入する。
デジタル化のメリット、加工技術やそれについての考察。
実際の加工機や現在はどこまでできるのかについて
分かり易く掲載させていただいております。

掲載にあたり、ご指導をいただきました佐藤幸司先生に感謝申し上げます。

関連リンク

pagetop