医歯薬出版株式会社 歯科技工別冊 に記事掲載

いま知っておきたい
ジルコニアの守備範囲

最先端かつ高品質・高水準のジルコニア修復を志す
歯科技工士,歯科医師,座右の書!

◆審美性,生体親和性,耐久性に優れた材料としてジルコニアは歯科医療への普及が進んでいます。審美歯科修復を成功に導くためには,チェアサイド-ラボサイドにおいて先進材料や加工方法について熟知し,臨床応用に際して高度な技術を持って緊密な協力体制を構築することが重要です。

◆本書では,歯科技工士や歯科医師のために,基本的なジルコニアの材料学的特性,ジルコニアの適応症,支台歯形成における注意点,義歯床を含む適切なフレーム設計,各種技工操作やメンテナンスのポイントなどについて詳説.また数多くの症例に対するジルコニア修復の製作法や臨床応用について供覧し,さらに,高透光性ジルコニアや矯正用ジルコニアブラケットの特徴についても解説しています。

◆ジルコニアの臨床における適用範囲(=ジルコニアの守備範囲)をチェアサイド,ラボサイドにおいて正しく理解するために,ジルコニアについての「押さえるべき重要ポイント」や「新知見」についてまとめた,待望の一冊です。

Part 1 From Editors
材料学の視点から
チェアサイドの視点から
ラボサイドの視点から

Part 2 ジルコニア修復の現状
1 ジルコニアの材料学
2 ジルコニアの基本的取扱い方法
3 理想的なフレームワーク設計
4 ジルコニアと相性のよい接着材およびプライマー
5 支台歯形成のポイント
6 スキャニングのポイント
7 咬合面への使用の可否
8 微調整および研磨のコツ
9 半焼結ジルコニアのステイニング
10 多色構造ジルコニアディスクの臨床応用
11 ジルコニアアバットメントの適用
12 金属床義歯人工歯のジルコニア化
13 義歯床への応用
14 ジルコニアブラケットの特徴
15 長期経過とメンテナンスのポイント

渡邊 郁哉・大久保 力廣・陸 誠 編

本書紹介文章、及び写真は
医歯薬出版株式会社
本書のパンフレット(PDFファイル 約1.28MB)
より流用いたしました。

ダウンロードはこちらから

 

関連リンク

pagetop