月刊「歯科技工」別冊に記事が掲載されました

月刊「歯科技工」別冊
“誤差”を埋めるクラウンブリッジの臨床・技工
生体と模型に生じるギャップの要因と解消法の理解のために
に記事掲載をされました。

掲載コラムは
”その模型は正確で,しかも安全か?”(常務取締役 今牧 謙 )
になります。

*内容紹介*
誤差発生の諸要因としての
「機能時の生体の挙動」や「使用材料による誤差」について
文献を紐解きながら考察したうえで,
作業用模型製作や咬合器装着,
研磨などの技工作業の注意点や歯科医師との適切なコミュニケーション法,
口腔内での調整量の低減(チェアタイムの短縮)に活かせる臨床的な取り組みについて,
考察や検証などを交えながらビジュアルにまとめました.
(医歯薬出版株式会社ホームページより一部抜粋しました)

関連リンク

pagetop