インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントとは、失われた歯を補うために、人工の歯の根をあごの骨のなかに埋め込み、
その上に人工の歯を取りつける治療法です。
本来は人工の歯の根をインプラント(人工歯根(じんこうしこん))と呼びますが、
治療法も含めてインプラントと呼ばれています。
人工歯根の上に取りつけられた歯をインプラント義歯と呼び、取り外しが可能なものや、
固定されているものなど、多くの種類があります。
人工の歯をあごに埋め込む治療は、紀元前から行われていますが、治療法として確立されたのはここ数十年の間です。
現在、最も多く使われているインプラントの材料はチタンで、そのほかにセラミックスなども用いられています。

インプラントオーバーデンチャー製作例

お客様事例

関連事例はまだありません。

pagetop