AGCテレスコープ コーヌスデンチャー

AGCテレスコープコーヌスデンチャー
支えとなる歯に三重構造の維持装置を作成する入れ歯で、新しいタイプの入れ歯です。
支えになる歯を削り、上に純金のキャップ(内冠)をかぶせます。
次にその上にもう一度純金のキャップ(外冠)をつくり、義歯の金属フレームを作成します。
内冠+外冠+フレームの三層構造から作られる義歯は付け心地も、フィット感も良く
違和感の原因となるクラスプはありません。

何本かの残った歯を土台として使い
残った一歯がだめになったとしても
外側のキャップの中をレジンで埋めることで
すぐに使い続けることができるメリットがあります。

製作に当たりは熟練の技工テクニックと細かい作業工程が必要な補綴です。

AGCテレスコープ コーヌスデンチャー製作例

お客様事例

関連事例はまだありません。

pagetop