一般レジン床

一般レジン床
レジン床義歯は通常、最も多く作られている義歯(ぎし) です
レジン(プラスチックは)食べ物の熱や冷たさに対する熱伝導が鈍く食事のおいしさが感じにくい
また強度を保つため床自体を厚くしたり、大きめに作ったりしなければならない材質的な難点があります。
(特徴)
・自分の歯が抜けたときなど、新しい人工歯の追加やその他の修理がすぐに可能
・金属床義歯より割れる可能性が高い
・表面が傷つきやすく汚れが付着しやすい
・厚く違和感がある
などの特徴があります。

一般レジン床製作例

お客様事例

横浜市

説明ではなく体験で! レジン仮床で実際に患者様の口腔内で体験していただけます

pagetop