インプラント ステント

インプラント ステント
インプラント治療の前に、エックス線写真やCTを用いて
インプラント埋入位置の診断を行います。
その際に使われるものがステントで診断用のステント、サージカルステントの二種類があります。
外科処置時にインプラントを正確に埋入するガイドとして用いられるサージカルステントは、この診断用ステントを基に製作されることになります。
また、補綴物の最終的な歯冠外形を診断用ワックスアップにて製作し、これを診断用ステントに反映させることで、
インプラント埋入目安として最終の歯が入る事を考えたインプラント治療が行えます。

お客様事例

関連事例はまだありません。

pagetop