金属焼付ポーセレン

セラモメタルクラウンは、陶材焼付け鋳造冠、メタルボンド(ボンド)、ポーセレンフューズドメタルクラウンなどとも呼ばれています。
金属の表面に陶材(ポーセレン、セラミックス)を、七宝焼(しっぽうや)きのように焼き付けて製作される冠(クラウン)です。  
陶材(ポーセレン)は歯の色をしているため審美的に優れ、さらに対磨耗性や耐腐食性をもつ変形・変色しにくい優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという欠点をもっています。
一方、歯科で用いられる金属、とくに金合金は加工性に優れ機械的強度も十分にもち合わせていますが、金属色であることから審美的には欠点のある材料です。
この両者の利点をもち併せた冠が、セラモメタルクラウンです。
すなわち、外側は陶材で歯の色を再現し、内側が金属で壊れにくい性質をもっています。

金属焼付ポーセレン製作例

お客様事例

横浜市中区長者町
砂田歯科医院様

左上歯冠の空隙を埋める修復と審美補綴

横浜市港北区
石川歯科医院様

欠損歯列とそうでないプランをシミュレート

横浜市
まき歯科医院様

術後1年2ヶ月が経過した金属焼付けポーセレン

横浜市
まき歯科医院様

金属焼付けポーセレン(PFM)

横浜市
症例提供:まき歯科医院様

イメージする治療後をコンピュータでシミュレーションします

pagetop