Aadvaジルコニアクラウン(単冠+CR処置)

左上に空隙があり、単独歯での修復が難しい
特に左上2番が矮小歯の為に右上1番とのバランスが取りにくい症例
左上1番には焼付けポーセレンがセットされているがマージン設定が歯肉縁上の為ブラックマージンが見られる
色調も全体的に透明感が無く、隣在歯との調和が取れていない。

今回の治療は
術前歯の色調もホワイトニング処置その上に合わせた
左上1番のAadvaジルコニアセラミッククラウンを選択し
左上2番の近心にCR処置で歯冠形態を修復
空隙を埋めるのに左上2番の形態修正と左上1番の歯冠修復を行いました

治療後写真
Aadvaジルコニアクラウン

イメージ写真をクリックすれば拡大されます
拡大後はページ内を自由に移動する事が出来ます。

イメージ画像クリックで拡大します

  • 術前拡大
  • 術前正面
  • 術後写真

砂田歯科医院 様のご紹介

住所:神奈川県横浜市中区長者町8丁目123 長谷川ビル2階
Web:http://www.sunada-shika.jp/

pagetop