参考模型のデジタルシミュレーション

右上の欠損修復をシミュレーション
左上一番と右上1番とのバランスが取りにくい症例

選択肢として
インプラント治療、一本義歯治療、ブリッジ補綴治療が考えられます。

それぞれの治療方法によるメリットやデメリットは
歯科医院様、歯科技工所には模型を見て
ある程度の予測は立ちますが
患者さまの完全なご理解には時間が掛かるかと思われます。

今回のケースの治療は
単独歯での治療は左右の中切歯の大きさに違いが出来ることが
予想されます。

 

プランニングワックスアップの前に

デジタルシュミレーションは口腔内写真の加工をすることで
簡易的に治療後のイメージが行えます。

デジタル写真データなのでプリントアウトを行い
カウンセリング時に説明を写真上に記入して
患者様に説明後、お持ち帰り頂くこともできます。

正確な歯冠形態やガイド状態確認は
プランニングwax upや
プロビジョナルレストレーションを行う必要が有りますが
まず患者様に検討して頂く為の
ツールとしてはいかかでしょうか?

 

イメージ画像クリックで拡大します

佐藤歯科診療室 様のご紹介

住所:神奈川県横浜市中区長者町9丁目175

pagetop